折り紙の意外な遊び方

折り紙の意外な遊び方

動物や乗り物など色紙を折って作る遊びが「折り紙」です。幼稚園や小学校低学年で遊んだ後は、ほとんど触れる機会がなくなります。実は折り紙にはこんな遊び方もあるのです。

 

私が友人の家に遊びに行った時の事です。その日は一日中雨が降っており、ゲームもやり飽きて、何をしようか2人で暇をもてあそんでいた所、たまたまあった色紙を使って飛行機や風船、手裏剣など、それぞれ思い思いの作品を作って遊び初めました。私が「次は何を作ろうかな」と考えていると、友人の弟が私と友人が作った折り紙を見に来たのです。すると、小学1年生の友人の弟が、私の作った手裏剣を見て「これで遊びたい」と言ってきたのです。友人の弟はスーパー戦隊がすごく大好きで、恐らくこれでスーパー戦隊ごっこがしたいのだなと察知した私は、スーパー戦隊ごっこに必要な小道具を折り紙で作り、友人の弟と遊ぶ事にしたのです。

 

折り紙の紙吹雪でヒーロー(友人の弟)をカッコ良く登場させる演出をしたり、当たっても痛くない武器を作ったりして、スーパー戦隊ごっこを盛り上げた私は、折り紙の意外な遊び方が発見でき、また折り紙の潜在能力の高さを改めて確認したのでした。

 

折り紙を折ることは、頭の体操にもなりますし、想像力と創意工夫次第で色んな遊び方ができます。親子の時間に取り入れて見て下さい。