みっともない不祥事続きの東京五輪

みっともない不祥事続きの東京五輪

国立競技場問題でケチをつけたと思ったら,今度はとうとう東京オリンピック・エンブレムまで白紙撤回になってしまいました。

 

すでに東京都,協賛企業のCMやポスターなどに製品化されていますので,それらを回収・新規発注などをしていたらその損害額は数百億円に上るそうです。

 

あー,そのお金の一部でも選手強化費用にでも使えたらなぁ,と思うのは私だけではないと思います。その上に海外にこれだけ恥をさらして,「責任者出てこい」と言っても誰も手を上げませんし,恥の文化と言われた日本人の伝統がいつの間にかこんなにも情けない状態になっていたとは思いもよりませんでした。

 

何と言っても元凶はかの世界的デザイナーだと思いますが,本人は「家族,社員への誹謗中傷を避けるためのデザイン取り下げ」として決して謝ってはいません。それにしても思うのは,小説の盗用と違ってデザインというものはどうにでも言い逃れができるものですね,ということです。

 

おそらく,ネットを検索すれば幾何学模様のデザインなどは何百万でも出てくるでしょうから,その中から適当に選んでちょっと細工を加えればオリジナルということで通ってしまうのでしょう。

 

それなら誰にでも作れますし,それがうまく入選でもすればキャリアとなって次々とキャリアアップの階段を上ることもできるのでしょうね。

 

過去の作品がこうまで「馬脚を現す」状態になっているのに,いつまで言い逃れを続けるつもりでしょう。「恥の文化」はもう通用しないのでしょうか。